こんにちは!
金ちゃんブログにお寄りいただき、感謝します。
 先日、インターネットビジネスについて調査してみました。
   SNS(Facebook、Twitter、etc)での
              勧誘投稿が凄い💦

 ここ数年、『手法』に変化がない!
    数打ちゃー当たるって感じで溢れかえっています。
    つまり、SNSの中では、
    詐欺まがいの罠が蔓延していると言えます。




 一つ例を挙げましょう。
  Facebookにて、
 『初期投資なし、初月から3万円~更に継続収入』
    こんな感じの発見したので、コンタクト取りました。

 彼らのやり口を暴露しますと・・・

【手順1】FacebookやTwitterに煽り文句を投稿する。

【手順2】興味を持ってコメントしてくれた人には、
      コメントで返さず「Messenger」を使う
      TwitterならDMを使う。

【手順3】LINEで友達になる。

【手順4】その情報元「胴元」とLINEグループを結成!

【手順5】LINE通話できる日時を設定する。

【手順6】胴元との通話で決定!

多分、このような流れで顧客獲得に躍起になっています。

そりゃーもう昔のことですが、
   ネットワークビジネスが流行っていた頃、
   『ABCのクロージング手法』
   っていうのがありました。(今も健在ですが・・・)

昔は電話で行っていましたが、それを今はインターネット上でやっているだけです。


  『ABCのクロージング手法』とは、
    A:アドバイザー(胴 元) ・・・内容を説明し、説得する役割
    B: ブリッジ (紹介者) ・・・顧客を集め、胴元に会わせる役割
    C:クライアント(顧 客) ・・・情報を得たい「カモ」

  まんまと「カモ」が胴元の話術に丸め込まれて、同意する流れです。

 大抵の場合は、世間話から顧客の状況を診断し、
      「お金が欲しいならコレがいいよ」って。
      「誰でもできるよ。フォローしてあげるよ」とか言って。
      丸め込んだら The END !!
 後処理は「承諾したんだから、自己責任でしょう」「大人なんだから」
 簡単に説明すれば、こんな感じです。勧誘されたら要注意!


 まあ、自分の知らない情報を教えてもらえるわけだから、
      胴元と話すわけです。
      今回のお話は、『スマホの提供』で収入が入るって話でした。
       C:「どうやって?」
       A:「スマホをレンタルすることで、収入が入ります」
       C:「そのスマホって?」
       A:「新規契約してください」
       C:「何に使われるんですか?」
       A:「アフィリエイトやメール配信です」
こんなやり取りでしたよ。

 携帯電話の各企業も、「本体代金実質無料」とかって宣伝よくやってます。
 良く考えてくださいね。
    スマホ契約して、実質無料とはいえ数千円は費用が掛かります。
    でも、数万円の収入があれば・・・って思っちゃいませんか?
   これこそが『罠』なのです。

 その『罠』にかからないためには・・・
    お金の流れを紐解く必要があります。

    仮に、スマホ1台で1万円を支払ってくれるとします。
    10人で10台収集できたら、
    胴元は10万円を支払わなければなりません。
    では、胴元はその10万円と利益を、
    何処から捻出するのでしょうか?

    明らかに詐欺集団に流れていくことも考えておきましょう。
    そうでないとしても、長続きする「根拠」に欠ける話です。
    インターネット上のやり取りなので、
         逃げられたら The END !!!!!
   アカウントなんてすぐ消えてしまい、連絡が途絶えて泣き寝入り💦・・・。

   仮に、詐欺に加担するのではないか?」
          と指摘しても、無駄です。
                証拠がない。
   証拠が出た時には、
      使われたスマホの契約者にたどり着いてしまいますよ。

    あーーーー、怖い!


 甘い言葉には、必ず裏がある。
    十分注意してほしいものです。
    特に、若い世代の人には・・・

 かなり長々とお読みいただき、ありがとうございます。

    あなたは騙された経験はありませんか?
    調査して欲しい「怪しい情報」があれば、
            喜んでお受けします!