情報化社会を切裂く知恵まとめ

令和の窮屈な世の中を生き抜くための知恵袋。豊かな人生経験から得た貴重な情報を発信中。
表社会と裏社会の狭間に鉄拳を奮います。

    タグ:不倫


    タピオカ騒動『木下優樹菜』さんが復帰宣言からの引退劇!!!事務所が見切りをつけた理由は???【悲惨】


    志らく、木下優樹菜引退に言及 SNS上の反応に「みんなが相変わらず集団リンチ」 志らく、木下優樹菜引退に言及 SNS上の反応に「みんなが相変わらず集団リンチ」
    …TBS系「グッとラック!」(月~金曜前8・00)に生出演し、タレント・木下優樹菜(32)の芸能界引退についてコメントした。 木下は、タピオカ店をめぐる…
    (出典:エンタメ総合(スポニチアネックス))



    (出典 e-talentbank.co.jp)


    やっぱり流行りの「不倫騒動」が原因らしい。

    フジモンがかわいそうでならない💦

    【タピオカ騒動『木下優樹菜』さんが復帰宣言からの引退劇!!!事務所が見切りをつけた理由は???【悲惨】】の続きを読む


    渡部健ゲス現場『多目的トイレ』の今!警備員専用化、誰も行くわけがない。賠償金は支払うのか?


    渡部建  “釣り場”もやっぱり六本木、TKO木下とスマートじゃないナンパの過去 渡部建 “釣り場”もやっぱり六本木、TKO木下とスマートじゃないナンパの過去
    …が、『週刊文春』に複数人の女性との不倫を報じられた。「六本木ヒルズの多目的トイレに呼び出し、ごく短時間での逢瀬を重ねていた渡部さんの不倫は、グルメとし…
    (出典:エンタメ総合(週刊女性PRIME))


    警備員が24時間監視、閉鎖した方がいいんじゃないの?

    【渡部健ゲス現場『多目的トイレ』の今!警備員専用化、誰も行くわけがない。賠償金は支払うのか?】の続きを読む


    『アンジャッシュ児嶋』の神対応。不貞渡部への優しさ、涙の謝罪に好感度アップ狙い!【結成秘話収録】


    アンジャッシュ児嶋、渡部のラジオ緊急登板で相方の不倫謝罪へ…男気で3時間半に挑む アンジャッシュ児嶋、渡部のラジオ緊急登板で相方の不倫謝罪へ…男気で3時間半に挑む
    相方の不祥事に児嶋が緊急登板を決断した。渡部がレギュラーを務めているFMラジオ J―WAVE「GOLD RUSH」(金曜・後4時半)は11日、児嶋が代役で12日の放送に出演することを発表した。当初は…
    (出典:エンタメ総合(スポーツ報知))


    完全な好感度アップ確定!
    尻ぬぐいでも、仕事は仕事。

    【『アンジャッシュ児嶋』の神対応。不貞渡部への優しさ、涙の謝罪に好感度アップ狙い!【結成秘話収録】】の続きを読む


    渡部健不貞で営業自粛!レギュラー番組・CM等10本以上干され。収入減はどん底に・・・


    アンジャ渡部、年収1億円超“消滅危機”…佐々木希と結婚後CM契約料倍増、痛すぎる不倫の代償 アンジャ渡部、年収1億円超“消滅危機”…佐々木希と結婚後CM契約料倍増、痛すぎる不倫の代償
    お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)が複数の女性との不倫が原因で無期限活動休止となった問題で、渡部は1億円超に及ぶ年収が消滅の危機に陥って…
    (出典:エンタメ総合(スポニチアネックス))


    番組1本80万くらいですから、800万。さらにCM2,500万といわれています。億単位の収入が消える事実!!!!

    【渡部健不貞で営業自粛!レギュラー番組・CM等10本以上干され。収入減はどん底に・・・】の続きを読む


    ナイツ塙『渡部健不倫騒動』をネタに相方児嶋もディスる!笑っていいとも【動画付き】


    「児嶋さんが活動自粛を発表しました」
    「渡部だよ!!!」
    めっちゃイイ(笑)

    【ナイツ塙『渡部健不倫騒動』をネタに相方児嶋もディスる!笑っていいとも【動画付き】】の続きを読む


    『渡部健』復活断念か。浮気は3人以上というゲス野郎だった。【慰謝料請求】佐々木希の行動


    不倫報道のアンジャッシュ渡部と東出に“地獄の共通点” 不倫報道のアンジャッシュ渡部と東出に“地獄の共通点”
    人気お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)が絶体絶命の大ピンチだ!! テレビやラジオ各局に対し、番組出演の全面自粛を申し入れていることが9日…
    (出典:エンタメ総合(東スポWeb))


    AV女優をはじめ、今の奥さんと付き合う前の彼女ともやっていたとは・・・。最悪の男だ!

    【『渡部健』復活断念か。浮気は3人以上というゲス野郎だった。【慰謝料請求】佐々木希の行動】の続きを読む

    このページのトップヘ