情報化社会を切裂く知恵まとめ

令和の窮屈な世の中を生き抜くための知恵袋。豊かな人生経験から得た貴重な情報を発信中。
表社会と裏社会の狭間に鉄拳を奮います。

    タグ:藤井聡太


    恐ろしい史上最強の棋士誕生か?『藤井聡太七段』王位戦白星。勝敗を分けた1手とは?


    “30歳年下”藤井聡太七段が 木村一基王位に先勝  「いいスタートが切れました」 地元愛知で歴史的勝利 将棋 王位戦七番勝負 “30歳年下”藤井聡太七段が 木村一基王位に先勝 「いいスタートが切れました」 地元愛知で歴史的勝利 将棋 王位戦七番勝負
    最年少タイトル獲得を目指す藤井聡太七段(17)が、最年長タイトル獲得記録を昨年塗り替えた木村一基王位(47)に挑む将棋の第61期王位戦七番勝負(中日…
    (出典:ライフ総合(中日スポーツ))



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    木村一基王位が首をかしげた!

    その時こそが勝負の分かれ道。藤井聡太七段が1枚上手だったのだろう。

    先手必勝でしょうか・・・

    【恐ろしい史上最強の棋士誕生か?『藤井聡太七段』王位戦白星。勝敗を分けた1手とは?】の続きを読む


    渡辺明棋聖も「5四金」の一手に度肝を抜かれる!藤井聡太七段の度胸に完敗。師匠もビックリ!


    師匠・杉本昌隆八段も脱帽 藤井聡太七段の「5四金」は「将棋の常識を覆す歴史を変える一手」 師匠・杉本昌隆八段も脱帽 藤井聡太七段の「5四金」は「将棋の常識を覆す歴史を変える一手」
    …行われた将棋の棋聖戦第2局で後手の挑戦者・藤井聡太七段(17)が90手で渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=に2連勝。史上最年少でのタイトル獲得に王手をか…
    (出典:エンタメ総合(スポーツ報知))


    渡辺 (わたなべ あきら、1984年4月23日 - )は、将棋棋士。タイトル通算獲得数は歴代5位で、永世竜王・永世棋王の資格を保持。 所司和晴門下。棋士番号235。東京都葛飾区出身。聖学院中学校・高等学校出身。 小学校1年生の頃、アマ五段の父に教えられ将棋を覚える。1994年、小学4年(出場時は3
    65キロバイト (9,640 語) - 2020年6月26日 (金) 10:01


    この一手は将棋界でも禁じ手らしいです。それを決断した藤井聡太七段の読みは、やはりAIを越える結果となった。

    【渡辺明棋聖も「5四金」の一手に度肝を抜かれる!藤井聡太七段の度胸に完敗。師匠もビックリ!】の続きを読む


    やっぱり凄かった『藤井聡太七段』セオリー禁じ手を覆す勝負を見切った究極の一手とは?


    藤井七段スキ与えず、最強の指し方/ひふみんEYE 藤井七段スキ与えず、最強の指し方/ひふみんEYE
    …<ひふみんEYE> 将棋の藤井聡太七段(17)が28日、最年少での初タイトル獲得へ王手をかけた。東京・千駄ケ谷「将棋会館」で行われた第91期ヒューリッ…
    (出典:社会(日刊スポーツ))


    想像を超えた将棋を打つ「藤井聡太七段」は無敵なのか・・・

    【やっぱり凄かった『藤井聡太七段』セオリー禁じ手を覆す勝負を見切った究極の一手とは?】の続きを読む


    『藤井聡太七段』VS『永瀬拓矢二冠』壮絶な戦いの末、まさか!歴史が動く瞬間だった。127手の結末・・・


    永瀬2冠「まさか」藤井七段と連続激突に驚きあった 永瀬2冠「まさか」藤井七段と連続激突に驚きあった
    …将棋の第61期王位戦挑戦者決定戦、永瀬拓矢二冠(27)と藤井聡太七段(17)戦が23日、東京都渋谷区の将棋会館で指された。永瀬は127手で藤井に敗れ、…
    (出典:社会(日刊スポーツ))


    藤井聡太七段ってなんでこんなに凄いのか・・・
    「強い」を通り越して「凄い」とういう表現になる。
    集中力!精神力!闘争心!などなど

    【『藤井聡太七段』VS『永瀬拓矢二冠』壮絶な戦いの末、まさか!歴史が動く瞬間だった。127手の結末・・・】の続きを読む


    『藤井聡太七段』早指し戦で連敗!!!非公式戦参加結果。得意だったのでは?


    藤井聡太七段が得意の早指し戦でまさかの連敗 AbemaTVトーナメントで広瀬章人八段に屈する 藤井聡太七段が得意の早指し戦でまさかの連敗 AbemaTVトーナメントで広瀬章人八段に屈する
    将棋の藤井聡太七段(17)が出場した非公式戦「第3回AbemaTVトーナメント」予選Dリーグ1回戦の「チーム永瀬」対「チーム広瀬」戦が14日、同局で…
    (出典:社会(スポーツ報知))


    格上の棋士だったので仕方ないと思います。
    気を落とさずヒューリック杯棋聖戦では頑張ってほしい。

    【『藤井聡太七段』早指し戦で連敗!!!非公式戦参加結果。得意だったのでは?】の続きを読む


    『藤井聡太七段』白星スタート【決定的な一手】相手渡辺明三冠とは?


    藤井七段が先勝【一問一答】「最後の方は分からないまま指していた」 藤井七段が先勝【一問一答】「最後の方は分からないまま指していた」
    将棋の藤井聡太七段(17)が、渡辺明三冠(36=棋聖、棋王、王将)に157手で勝利。史上最年少で臨んだ初のタイトル戦を、幸先良く白星でスタートした。
    (出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))


    渡辺 (わたなべ あきら、1984年4月23日 - )は、将棋棋士。タイトル通算獲得数は歴代5位で、永世竜王・永世棋王の資格を保持。 所司和晴門下。棋士番号235。東京都葛飾区出身。聖学院中学校・高等学校出身。 小学校1年生の頃、アマ五段の父に教えられ将棋を覚える。1994年、小学4年(出場時は3
    64キロバイト (9,598 語) - 2020年6月8日 (月) 12:35


    スゴイとしか言えないです。
    AIを越える能力の持ち主が初戦勝利!!!

    【『藤井聡太七段』白星スタート【決定的な一手】対渡辺明三冠とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ